総合保険は幅広い保障内容の総称です。

「総合保険」という名称の保険はありません。しかし、住宅総合保険、店舗総合保険、傷害総合保険など「総合保険」が付いている保険は多数あります。火災保険を例にしますと、住宅総合保険は住宅火災保険の保障範囲を拡大した保険商品であって、住宅火災保険の一段階上の商品になります。住宅総合保険は、住宅火災保険で保障される部分は全てカバーした上に、それ以上の保障がありますが、その分だけ保険料も高く設定されています。

住宅総合保険は住宅火災保険の保障に加えて、建物外部からの物体の落下、飛来、衝突による損害の保障がある他、騒擾や集団争議による損害、現金や預貯金の盗難による損害、持ち出し家財に関する損害、水災による損害などの保障もあります。住宅に関する様々な損害に幅広い総合的な保障がある火災保険であると言えます。住宅金融支援機構特約火災保険も、この住宅総合保険による保障範囲とほぼ同様であり、一般的に想定される事故を保障しています。

このように「総合保険」はその保険種目において幅広く保障している上級商品の位置づけでしたが、近年は保険会社毎に独自商品の開発が活発で、実際にはその概念での取り扱いが減少しています。住宅火災保険、住宅総合保険は全ての保険会社で共通の火災保険でしたが、現在もそのままの商品を提供している保険会社は少なくなっています。自社ブランドの商品で他社との差別化を図っているために、「総合保険」という一般的な概念が衰退しつつあるとも言えます。

Post a comment or leave a trackback: .

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>